あなたの優雅な暮らしを演出いたします。太田不動産は信頼の不動産ビジネスをお約束いたします。
ショールームはこちら 新着情報&ニュース
  • 株式会社 太田不動産 本社
  • 〒221-0865
    横浜市神奈川区片倉2-67-5
    TEL : 045-488-3633
    FAX : 045-488-3636
    営業時間 9:30~19:30
    定休日 無
  • 片倉町店
  • 〒221-0865
    横浜市神奈川区片倉2-21-1
    TEL : 045-481-8500
    FAX : 045-481-7766
    営業時間 9:30~19:30
    定休日 無
  • 井土ヶ谷店
  • 〒232-0072
    横浜市南区永田東1-3-17
    TEL : 045-720-0811
    FAX : 045-720-0812
    営業時間 9:30~19:00
    定休日 水曜日
スタッフブログ

パーシモンウッド

本社勤務の山原です。
すっかり秋になりましたね〜icon:maple
趣味でゴルフをしておりますが、今が一番良いシーズンですicon:w_biggrin
さて、掲題の件に戻りますが、「パーシモン」とは何かと言いますと、これです⬇

S__8552451.jpg
S__8552452.jpg













はい、ゴルフクラブです。
このクラブは、30年前に他界した父が愛用していたものです。

先月、家の荷物整理をしていた時に、すっかり忘れていたこの父の遺品を見つけ、ふと興味が湧き取り出してみたのですが、程度も良くてまだ使えそうです。

S__8552453.jpgこのクラブは本間ゴルフという国内のクラブメーカーが製造していたもので、柿の木材を素材としています。
19世紀の昔から近代の金属製クラブが登場するまでゴルフクラブの主流として活躍しておりました。

もともと日本のゴルフクラブは輸入品からスタートしましたが、国内でのゴルフ普及に伴い、国産クラブが登場するようになりました。その中で登場したのが本間ゴルフです。
質と仕上げが評価され「パーシモンといえば本間」と多くのゴルファーに知れ渡るようになりました。
このクラブは「hiro honma」というモデルで、当時とても人気のあったシリーズだったようです。icon:book

父は、かなりのゴルフ好きで、とても熱心だったと記憶しています。
コンペで度々優勝して、書斎にはトロフィーがいくつも置いてあるのを覚えてますicon:sparkling

ある名門コースでパープレーをした事があると、私が少年の頃に自慢していたことを思い出します。
その時は、アマチュアゴルファーにとって、それが如何に難しい事だとまったく理解出来ませんでしたか、今になってその凄さを感じております。icon:w_eek

ふと、このクラブをコースで一度使ってみようと思い、練習試打してみました。

S__8552454.jpg

クラブヘッドがとても小さくて(私の拳より小さい^^;)重量も最近のクラブと違って少し重いので、まともに当たるまで少し時間が掛かりましたが、慣れてくると中々心地良いなと!(^^)
打感がとても良く、打音も金属製には無い乾いた音がいい感じです。

後日、ラウンド中に二度ほど使ってみましたが、まずまずのショットが出来ました!icon:w_biggrin
飛距離は期待出来ませんが、あまり曲がらないので、狭いコースでは現役で使えると感じました。

父とは一緒にラウンドをした事がありませんでしたので、このクラブを父と思い、これからも持参してラウンドして行こうと思いますicon:w_wink

因みに、前回このクラブで打ったホールの成績はバーディーでしたicon:w_lol

S__8552455.jpg




投稿時間 : 2018年11月 3日 10:38 | カテゴリー:[ 山原 ]